「賃料を下げる」のは、競争力を削り取り、負のスパイラルを招きます。

賃料を下げる

「あと3,000円下がるなら入居したいとおっしゃっています!家賃下げていただけないですか?」

他の部屋の賃料も下がりはじめる

「ネットで見たら、隣の部屋が3,000円安く出ているので、この部屋も減額してほしい」

賃料水準の引き下げ

建物全体の賃料水準が下落。

再投資原資の目減り・投資スピードの低下

再投資にまでコストがまわらない

資産価値の下落

適正な状態を維持できず競争力はさらに低下。快適さが損なわれていくことで、部屋を探している方への訴求力も失われていきます。